担任の先生

息子の中学の担任の先生。 30代独身の女の先生なんだけど、話すテンポが絶妙!!! 女芸人の誰かみたいな話っぷりなんだけど、誰だったかなぁ(´∀`;  例えが上手で生活指導にしても生徒によく理解出来るようにユーモアを交えながら飴と鞭を使いわけるとこなんか凄いと思うし、親に対しても変に媚びたりしないし、サバサバした感じで生徒にも人気がある。  休みの日は愛車でドライブ、彼氏なしwww 今までに出会った事ないタイプの先生。 息子をよろしくお願いします!!!

ユーモアある先生

間に合うか

不安定な天気だなぁ・・・空が真っ暗になってきて、風があっちからこっちから吹いてきたわ。  天気予報では集中豪雨の可能性があるっていっていたけど、降りそうだな・・・。  洗濯物まだ乾いてないけど、そろそろ入れた方がいっか~。  数日前の集中豪雨の時は、旦那が出かけてた息子を車で迎えにいったんだけど、なんとか降らないうちに帰っておいでよ~部活終わったとこだから、家につくのは30分後、間に合いますように!

車買取のオークションを利用する際の注意点

車買取をするときにオークションを利用するという方法があります。最近ですと、売りたい車の写真を撮影してネットでオークションもできるようになっていますが、全く付き合いのない人から車を買うというのはある程度のリスクがあります。

私の知人で、ネットオークションを利用して軽自動車を購入した人がいますが、雨漏りがするというトラブルが見抜けず、泣く泣く乗っているそうです。

ネットではなく、オークション会場に販売したい車を持参して、販売する方法があります。こちらは、毎月数回、全国各地のどこかで開催されるそうです。自分で車を運転して、会場まで行かないといけませんので、当然交通費が必要になります。

しかし、会場がある地域の特性を把握していれば、販売金額も高額になることがあるそうです。例えば東京近郊の会場ですと、高級車が高く売れるという傾向があるそうです。地方で雪が多いところですと、4輪駆動車が高く売買されることがあるそうです。

車買取も売りたい車の特性と、オークション会場の設置された地域の特性を考えて、会場に乗り込むと、高値で買取してもらえるかもしれませんよ。

高級車

車買取で高額を狙える?

最近、新車で購入すると、カーナビとバックガイドモニターカメラがセットになっているオプションが選べるようになっている車種が増えています。

我が家で3年ほど前に購入した新車もそのオプションを使用しています。カーナビは安価なものをつけたので7万円前後だったかと思います。バックガイドモニターカメラは4万円前後でしょうか。合計で11万円前後かかっています。

でも、使ってみると、カーナビは便利ですし、バックガイドモニターカメラもバックするとき、人が居ないか、障害物がないかというのを確認しながらバックできるので、安心につながります。
こういったオプションを新車で購入したときにつけておくと、車買取をお願いするときに意外と高額で買取してもらえるかもしれませんね。

カーナビについては、地図情報を新しいものにしておくだけでも、付加価値がかなりあがるはずです。予想以上に維持費がかかる、転勤で車が不要になったなど、さまざまな理由で車買取を依頼するケースがあると思いますが、そんなときは概観の傷を目立たなくする補修とともに、カーナビの地図情報更新をしてみると買い取り金額が高くなるかもしれませんね。

車買取金額が安くて、助かったこと

つい先日、私が通勤するために車を買うことになりました。知り合いの中古車屋さんに相談して、いくつかPickUpしてもらったときに聞いた話ですが、一般的な車の場合、新車で購入してから5年以上経過するとまず値段がつかないそうです。

しかし、人気のある車種は、多少古くても、本来は値段がつかないのですが、高い値段で販売できるので、車買取金額も高く設定してもらえます。私が購入した車は、購入してから約8年経過しており、そもそも値段がつかない車だったのですが、オーナーの方が近所までしか車を乗らない人だったので、走行距離がほとんど伸びていませんでした。

そういう事情があれば、高く車買取してくれるはずですが、バンパーのあちこちに傷があり、そこで差し引きゼロになってしまいました。結局、私の買い値は約20万円。3ヶ月ほど車検も残っていました。

車の買取金額が安かったため、購入金額も安く済み、私としては非常に助かりました。知り合いですので、サービスでタイヤも新品にしてもらいますから、20万円でもかなりお値打ちです。

ハスラー

車買取の金額は、どこで差がつく?

私は以前、マニュアル車に乗っていました。私の通勤用と割り切って購入したものですので、それでよかったのですが、通勤に使わなくなったら、妻がAT車限定の免許なので、マニュアル車を運転できず、困ったことがありました。

二人で利用できないと困ることも多かったので、買い換えることにしました。その車は、軽自動車だったのですが、カーナビがついており、まずまずの高額で車買取してもらい、その車買取金額にお金を足して中古車を買う予定でした。

ところが、ドアのところに傷があるということで、買取金額が非常に下がってしまいました。これは、私の使っていた駐車場が若干狭く、車のドアを開けるたびに、壁にぶつかってしまう状況だったのをそのまま放置していたのが原因でした。

今ですと、傷をつきにくくするシートをボディーに貼っておけばよかったな、と後悔しています。車を売ろうと考えている方は、なるべく、概観の痛みが経年劣化だけになるよう気をつけたほうが良いでしょう。傷ができたら、カーショップで傷を目立たなくするようなグッズでリペアして、見た目が美しくなるよう、そしてその状態が維持できるようにしましょう。

車買取のおかげでバイクの購入資金ができまいた。

50歳の誕生日の記念にバイクを買おうと決めた。若いころはバイクに乗っていたのだが、結婚してからは車しか乗っていなかったのだ。子供も成人したことだし、そろそろ自分の趣味にお金を使っても良いかなと思ったのだ。

しかし、妻の反応はまったくもって冷たかった。確かに買おうと思っているのは60万円ほどのバイクだ。決して安くはない。けれど、私が頑張って働いたお金なんだぞ。たまには自分の為に使ったっていいじゃないか。(面と向かって妻に言えないところが嘆かわしい。)

すると妻から条件を突きつけられた。「殆ど乗っていない車の方をまずなんとかしてちょうだい。」確かに我が家には車がある。が、今は殆ど乗っていない。子供の小さいころは車でよく出かけたが、最近は車庫に置きっぱなしだ。ま、別にそれでバイクを許可してもらえるんならいいや。と軽い気持ちで車買取の査定をしてもらった。

ところが、思った以上に査定の金額がよい。渡りに船で車買取をお願いする。おかげで妻からバイク購入の許可を得ることができた上に、バイク購入の資金もできた。車買取さまさまである。(妻に誘導された気がするところだけがちょっとしゃくである。)

新車バイク

会社倒産のピンチを乗り切れた、車買取。

突然、勤めていた会社が倒産してしまい、仕事がなくなってしまいました。なんとか派遣の仕事を探すことはできましたが、当然お給料が激減しました。絶体絶命のピンチです。
C
まず考えたのは引越しです。入ってくる金額が減った以上は出て行く金額をセーブするしかないのです。しかし、引越しとなるとまとまった金額が必要です。とは言え借金はしたくありません。どうしたものかと悩んでいたところ、友達から車買取してもらったら?とアドバイスをもらいました。

そうでした、車があったのです。ちょっと甘かったことに、引越しを考えながら私は車は維持しようと思っていたのです。それも月に数回しか乗っていないのに。すぐに車買取の業者さんにお願いしました。すると、査定で出た金額は期待以上のものでした。さっさと車買取をしてもらい、新居の引越し代を捻出することができました。

今では派遣先で派遣社員から正社員になることもできてほっと一息です。あの時、期待以上の金額で車買取をしてもらえたおかげで引越しができて本当に助かりました。

一人暮らしに当たって決意した車とのお別れ。

実家を出て念願の一人暮らしを始めました。実家の周りは自然が多いというか、田んぼや畑などが多いところですが、一人暮らしするマンションは都心に近いおしゃれな街です。一人暮らしをするに当たって、唯一の問題は私の車でした。

当初は実家から車を持ってこようかと思っていたのですが、現実はそう甘くはないのでした。一人暮らしのマンションは単身者用のマンションなので、マンション自体に駐車場は付いていません。マンション近辺で駐車場を探してみましたが、近くにはありません。やっと見つけてもさすが都心近く。めちゃくちゃ高いのです。

駐車場代を出すくらいなら、部屋をグレードアップしたいわっ。と思うほどでした。そこでマンションに車を持ってくるのをあきらめて実家に置いておこうかとも思ったのですが、実家に帰らない限り乗ることもなく、けれど税金などは払わなければいけない訳です。

そこで思い切って車買取をお願いすることにしました。初めての車買取でどきどきでしたが、あっという間に手続きが終わり、査定金額も良かったです。車買取してもらってよかったです。
査定金額

父が車買取を依頼した理由。

定年退職した父が車買取の業者を探して欲しいと言ってきたときはびっくりしました。結構車にはこだわっている人だったので、まさか車を売却しようなんて考えているとは思っていなかったのです。まさかお金に困っているのかと心配になり、どうして車買取を考えているのか父に聞いてみました。

その理由は意外なものでした。実は父の友人で2つ年上の方が、昨年車で事故を起こしてしまったのだそうです。幸い人身事故ではなく、ガードレールにぶつかってしまっただけとのことでしたがご自身は怪我をされたそうです。そして、怪我よりも精神的なショックの方が大きく、それ以来父の友人は車に乗るのが怖くなってしまったそうです。

父はその話を聞いて、自分ではまだ運転が上手にできていると思っていても、少しずつ腕が落ちていたり、反応が鈍くなっているのではないかと心配になったのだそうです。事故を起こしてからでは遅いと。父の気持ちを聞いたので父の代わりに車買取をお願いしました。思いのほかスムーズで父だけでもできたのではないかと思います。父は車の代わりに水泳を趣味にしたようです。