自動車買取と自賠責保険

最後に自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険についてです。
こちらは自動車税同様、抹消登録を行えば、戻ってきます。

基本月割りですので、1ヶ月未満の有効期限のときには戻ってきません。
車によっては自動車買取業者に査定してもらう金額より、廃車して受け取る自賠責保険の還付金の方が高いときがあります。

こちらはまず、陸運支局に抹消登録を行いましょう。それからでなければ、自賠責保険は解約できません。
そして加入している自賠責保険会社に出向き、解約そして還付の手続きを行います。一時抹消でも受け取れます。

注意したいのはどの税金も車の名義変更のみでは還付金が発生しないということ。
自動車買取業者に車を売るときには、一時抹消登録を行い還付金を受け取りましょう。

自動車買取業者によっては、買取金額に税金分が入っていたりします。その辺は、利用する業者に直接聞いてみましょう
。以上が税金についてです。戻ってくるのには条件があります。その辺を十分理解しておきましょう。

自動車買取と自動車税

次に自動車税です。自動車税は抹消登録をすれば、翌月以降の税額分戻ってきます。
「一時抹消」「永久抹消」どちらでも戻ってくるので、自動車買取の際に「一時抹消」した際には都道府県の税事務所から、
直接還付金がある事を教えてくれます。忘れずに受け取っておきましょう。

自動車税で注意すべきなのは納税対象についてです。
自動車税はその年の4月1日に自動車を所有している人物にその年の自動車税を払う義務があります。

その為、4月1日以降に名義変更などをしてもその年は自分で税金を納めなければいけません。
自動車買取の際抹消登録をしておかないと、その年の税金は払う事になります、注意しましょう。

逆のパターンもあります、自分が自動車買取店で4月1日以降に中古車を買った場合、法律上その年の自動車税納税義務は発生しません。
買う際には税金を納めなくていい可能性があるのでお得な感じがしますが、売る際は注意してください。

必ず一時抹消登録を行い税金納付をストップして下さい。

自動車税

自動車買取と重量税

自動車買取業者に自分の車を売る事に決めた後、気になるのは税金のあれこれですよね。
一体どうしたらいいのか。業者側が丁寧に教えてくれることもありますが、基本は手続きの仕方のみ教えてくれるはずです。

はたして戻ってくる税金があるのか。自分が売却年の税金は負担しなければならないのか。
いろいろな疑問がでてきます。自動車買取の際の税金について、すこし触れてみたいと思います。

まずは重量税。重量税は戻ってくるケースがあります。それは車を抹消登録した場合です。
それも解体が前提である「永久抹消」でなければ、重量税は戻ってきません。

自動車買取の過程では「一時抹消」登録がよく使われますが、こちらでは戻ってはきません。
重量税は陸運支局に抹消の申請を行いますが、
その際還付金振込み口座を書いておかないと永久抹消登録でも戻ってきませんのでご注意ください。

重量税は自動車買取の過程では、戻ってくることはまずない。そう思っていいでしょう。

自動車買取に必要な書類

自動車買取会社に車を売る場合に必要な書類って何でしょうか。
初めて売ることを考えている方は到底思いつきませんよね。

通常、自動車買取の契約の際必要とされているのは印鑑証明、委任状、譲渡証明書です
。もちろん車検証も必要になってきます。これらはなにか問題が発生したときに必要になったりもします。

それぞれ1枚は自動車買取業者から提出を促されるはずです。紛失などの場合に備えて2枚提出のところもあります。
ですが、それ以上となると、疑ったほうがいいでしょう。万が一に備えるだけでしたそんなに数は必要ありません。

大切な書類を悪用される危険性もありますので、必要以上の枚数提出を求められた場合には、いったい何に使用するのか、
なんの為にその枚数欲しいのか聞いてください。明確な答えが返ってきた、自分で納得がたら渡してください。

少しでも疑問をもつ様であれば、契約自体も考え直した方がいいかもしれません。
車というのは、動くお金が大きい商品です。慎重に行動しましょう

印鑑証明

自動車買取と廃車

自動車買取業者に自分の車を見てもらったけど、古すぎで値段がつかないと言われた。
という方もいらっしゃるかもしれません。そうなると廃車になってしまいますよね。

これは聞いた話です。ある自動車買取業者に車を見て貰ったら、値段がつかないと言われてたそうです。
このまま自分の所有にしておくか、廃車にすべきか悩んでいるとき、買取業者に廃車にするなら、
うちで無料で行います、と言われたそうです。普通廃車にするにもお金がかかるのにそれを無料で引き受けてくれるという、
とても心惹かれる相談にその人は、のったのだそうです。

お金は一銭も入りませんでしたが、
手持ち無沙汰になっていた車を無料で廃車できとても喜んでいたそうです。
しかし、数日後友人にオークションに自分が持っていた車が出品されていると聞き、見てみるとそこには自分の車があった、
という話です。自動車買取業者が無利益なことはまずしないということを頭にいれてください。

無料廃車などはいい例です。ご注意ください。

自動車買取と下取り

自動車買取とよく似た言葉、下取りってありますよね。みなさん、この違いはご存知でしょうか。
下取りは新しい車を買うから、今ある車を売るという時に使います。車購入が大前提となります。

買取は今後すぐには買わないし車も必要ないから売りたい。そういう時に使います。車購入は未定が前提です。
この2つの場合ですが、査定額が変わってくるのです。通常、下取りで自動車を手放すほうが、自動車買取額は高くなります。

まあ、考えれば当然なんです。下取りは次に車を購入するという、買取だけでなく次の収益に繋がることを提示していますので、
新しく車を買ってくれるのでしたら、高く査定しますよという訳です。新しい車を購入してくれたほうが、買い取り側もいいのです。

一方、買取はただ、買取するだけですのであくまでも査定基準内の額を提示してきます。
一度、下取りと自動車買取の両方で値段を出してみてください。

意外に驚くほど差があることがありますので、ぜひ見てください。

査定額

自動車買取と修理

自動車買取でよくきくトラブルがあります。
買取契約後に見つかった故障などの修復費などを自動車買取業者から請求された。
というものです。結構多く見かけます。

これは査定時には見つからなかった故障など査定額に響くマイナス要素が契約終了後に見つかったというものです
。査定時に車を見ているのだし、見つけられなかった買取業者のミスなんだから、払う必要はない。
と思われるかもしれません。

しかし、多くは契約書に引渡し後に見つかった故障は査定金額がら引かせてもらいます、あるいは修理費用を頂きます。
と書かれているはずです。書かれている場合は、いくら文句をいってもこちらが払う事になります。買取業者での修理だと、
普通に修理にするより引かれてします場合がありますのでご注意ください。

このトラブルを避けるためには、自動車買取業者に向かう前に、故障などの修理はすべて行っておくということです。
少しでも査定額のまま受け取りたいのであれば、必ず行ってください。

ローンがある車の自動車買取

自動車売買。購入から1年足らずで売ってしまう方もいれば、10年以上乗って手放す方もいます。
ここでは、自動車ローンが残っている状態での自動車買取について記したいと思います。

自動車を買ったけれど、新しくでた車に乗り換えたい。急にお金が必要になったので車を売りたい。
ローンが残っている車を売りたい理由は様々ですが、いかんせんローンが残っています。

こういう場合、自動車買取会社は引き取ってくれるのでしょうか。答えはノーです。
ローンが終わった状態でなければ、所有権が自動車買取業者に移行できません。

買取価格でローンの残債がなくなるのであれば、売ることは可能です。
残債に満たないのであれば、自分の手持ちから残りの分を出さなければ売ることはできません。

ローンがある車は正式にはまだ自分所有のものにはなっていません。完済した時点で自分の所有となり、
自由に売買ができる様になるのです。ローンがかなり残っているうちは、大人しく自分で使っていた方がよいでしょう。

ローン

自動車買取業者の無料査定

自動車買取業者に車を持っていくとそこで売らなくてはならないのではないかと心配する方もいるかもしれません。
しかし、売ると決めるのはあくまで持ち主であるあなた。自動車買取金額に納得できなければ、応じる必要はないのです。

多くの自動車買取会社は査定を無料で行ってくれています。自分の車がいくらなのか知りにいくだけでもいいのです。
無料出張査定を行っている会社もあります。自分で行くのが面倒。

時間が取れない場合は家族や他の人が在宅する時間に任せて査定してもらうのも手かもしれませんね。
オンラインや電話での査定を行っているところもあります。

ですか、あくまで、自動車の種類や総走行距離といった情報だけを頼りに査定しますので、
実際に車を見て査定してもらうよりも査定額はぼんやりとしたものになります。

自分の車の基本買取価格を知る上ではいいですが、あくまで鵜呑みにしないこと。
何度も言いますが査定額は変わるもの。このくらいなのか、という気持ちで受け止めましょう。

自動車買取業者を回る利点

面倒くさいと思うかもしれません。しかし、自分の一財産である自動車を売り払う訳ですから、少しでも高く売った方がいいです
。時間には余裕をもって、自分の足で自動車買取会社を回ってください。

意外と査定額は違うものです。2つの自動車買取業者を行ったりきたりして買い取り価格をじりじり上げていくのもいいと思います。
自動車買取会社は少しでも安く買い取りたいはずです。ですから、最初に提示された査定額は最低ラインとみた方がいいでしょう。
実際に初回査定額よりも10万以上上がったという方もいらっしゃいます。

何度も何度も行くわけですから申し訳ないという気持ちが出てくるかもしれません、ですが、そこで引き下がってしまったら、
交渉に負けたことになります。買取会社は何件も回る。即決めはしてはいけない。

初回査定額から、値段が上がることがある。自分で納得のできる価格を提示されたら、
買取に応じる。以上、4つを心において、買取を行ってみましょう。

買い取り金額を上げていく